FC2ブログ

★ハーレーダビッドソン中古車について★

xl883n.jpg
★ハーレーダビッドソン中古車について★
株式会社テイクが取り扱う中古車は
1.お客様から下取した車両
2.お客様から買取した車両
3.店頭で試乗車として利用した車両
4.自社登録車両
※自社登録車両とは、モデル末期に新車を自社名義で登録して
中古車として販売する車両(台数は僅かです)
上記の車両を中古車として販売しています

お客様から下取・買取した車両の中でも
高年式
走行距離が多くない(約15,000km内)
コンディションの良いものを厳選して店頭で販売しています
状態の良くない車両、事故車は全て業者に売却しますので
中古車を購入した後に、即故障が発生する車両はありません

試乗車、自社登録車両については
走行距離も少なく、保証期間が残っている車両を販売しています

ハーレーダビッドソン中古車を購入する際のアドバイスとして
カスタムされていないハーレーダビッドソンを購入することをお勧めします
理由のひとつは、末永く乗ることができることです
ハーレーダビッドソンに社外の部品を取り付けていることによって
エンジンが調子悪くなることもありますし
フレームや外装を大きくカスタムしてある車両も魅力的ですが、数年後にカスタムの好みも変わり、
オリジナル部品が無いという理由で元の形に戻すことができず、車両を下取に出してもオリジナルと違うと
いうことで相場より下取価格が安くなることもあります

1990年代 お店に来るお客様から「ショベル又はパンヘッドはありませんか?」と聞かれました。
エボルーションモデルはハーレーではないという意見でした。
エボルーションモデルの販売が終了してツインカムエンジンに変わったら、
「エボルーションモデルはありませんか?」というお客様が来ました。
多くの方が現在販売しているモデルより販売終了した車両を探すケースが以前は多かったです。
その時必ず言われるのは、「カスタムしていないオリジナル車両が欲しい」と皆様が言いました

ハーレーダビッドソンを新車、中古車で購入されても、20年間大事にしていると、
そのうちヴィンテージバイクになります。
途中カスタムされることがあってもオリジナル部品をちゃんと保管して、
いつでもオリジナル状態に戻すことができるように、車両を大切にすることが愛車が宝になるかと思います

参考
ハーレー第2世代エンジン 1948年誕生 パンヘッド
ハーレー第3世代エンジン 1957年誕生 ショベルヘッド
ハーレー第4世代エンジン 1984年誕生 エボリューション
ハーレー第5世代エンジン 1999年誕生 ツインカム88
ハーレー第6世代エンジン 2006年誕生 ツインカム96

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR